「いつでも、どこでも、誰とでも」飲める、食中酒の”真髄”「Any.」とは?

クラウドファンディングにより、新たに生まれようとしている日本酒があります。
透き通るシンプルなボトルに、柔らかく刻印された銘柄は「Any.」
続く「Any is the Sake for Any-time, Any-where & Any-body in our daily Life.」という文言の通り、「いつでも、どこでも、誰とでも」をコンセプトに作られた新しい日本酒です。

今回はその魅力をまとめていきます。

酒蔵を買収、素人蔵元として開始した宏和日立酒造

宏和日立酒造はブライダルギフトの製造、販売を行っていた宏和商工が「もっと品質にこだわったお酒を提供したい」という想いから茨城県の酒蔵を買収し、10年前、イチから酒造りをスタートした新しい酒蔵です。

自社のオリジナル銘柄「二人舞台」を製造し、
・平成26年、27年 全国新酒鑑評会金賞
・IWC2015シルバーメダル獲得
・香港IWSC2014ゴールドメダル&トロフィー(最高金賞)獲得
・全米日本酒歓評会2015 シルバーメダル獲得
などあらゆる賞を獲得している今注目の急成長企業なのです。

ジャンルを超えたあらゆる食事に合うお酒

そんな宏和日立酒造が作る新商品が、今回紹介する「Any.」です。
現在、日本酒がブームとなる中で、「より初心者に向けた」「より飲みやすい」日本酒を志向する流れがあります。たくさんの人に飲んでもらいたい以上、敷居を下げることは必要。
しかしそういうお酒は得てして香り高く、単体で飲むにはよくても食事と合わせるのはやや難しいものばかり。

元来日本酒は、食事とともに楽しみ、”名脇役”として活躍する食中酒としての性格を強く持つものでした。「Any.」はこの原点に立ち返りつつ、さらに和・洋・中といったジャンルを超え、あらゆる食事に合わせるという進化を遂げています。

山廃造りを特徴とした、食中酒の”真髄”

「Any.」は、山廃造りを特徴としています。手間と時間が非常にかかる製法ですが、これにより濃厚で腰が強い味わいになります。様々な温度帯で楽しめる”どんな食事にも合うお酒”が実現するのです。

また、ただ山廃造りを取り入れるだけでなく、従来の山廃造りで生まれがちな強い「クセ」を取り除くことに成功。濃厚な旨み・コクを残しながらビギナーでも飲みやすい、”誰でも楽しめるお酒”が誕生しました。

食の魅力を引き出すために生まれたお酒「Any.」。
今までにない世界を広げてくれる新しい日本酒に、目が離せません。

Any.
宏和日立酒造
¥3,000

popular article
人気記事

&SAKE - 日本酒に関する全てが詰まったライフスタイル型日本酒アプリ!

読む・遊ぶ・買うをまとめてお楽しみいただける、日本酒のオールインワンアプリ。
あなたの日本酒コンシェルジュとして、皆様に寄り添うサービスをお届けしてまいります。

home
home