造り手の個性の結晶。ブランド「Style」に顕れた、杜氏のこだわりに刮目せよ!

Style_R
Style R by Norihiro Fujii Ryusei
藤井酒造
¥2,678
お酒
Style H by Kiichi & Akiko Hakuto
白藤酒造
¥2,678

あなたがお酒を選ぶ基準は?

酒屋さんやウェブサイトで「さぁどのお酒を買おうか……」と思案するとき、あなたはお酒のどこを見るでしょうか?

ぱっと見で目を引くデザインをした酒瓶に心奪われる方もいれば、お財布と相談しながら値札を眺める方もいらっしゃるでしょう。

瓶を手にしてラベルを見て、そこに書いてあるお酒のスペックを気にする方もいるでしょう。原料米、日本酒度、精米歩合、純米か否か――挙げればキリがないほど多くの情報がそこには記してあります。

ですが、こんな風に考えながらお酒を選ばれる方はまだあまり多くないのではないでしょうか?「このお酒、誰が造ったの?」

蔵元の名や会社名は気にされる方もいるかもしれません。ですが、実際に日本酒造りの陣頭指揮に立つ職人は「杜氏」と呼び、彼ら次第でお酒の味わいは大きく変わります(現在では蔵元が杜氏を兼ねる酒蔵も増えていますが……)。

蔵元の要望通りの酒を造る当時の姿は、さながらブランド経営者の意見を汲んで洋服をデザインするファッションデザイナーの様。そのようなクラフトワークの世界では、「作者の名前」が作品を手に取るときに最も気にされる基準であることは皆様ご存知の通りです。

ですから私たちは、「杜氏」の名でお酒を選ぶことを提案します。

長年の修練で磨かれた杜氏の技術で、それぞれが最も得意とするタイプのお酒を思いっきり造ってもらう。

そんな「杜氏のこだわりと個性――スタイルを表現しきってもらう」というコンセプトで創出されたブランドが、今回ご紹介する「Style」です。

「Style」のお酒は現在2種類。広島県藤井酒造の6代目、藤井義大氏が醸す「Style R」と石川県白藤酒造の9代目、白藤喜一・暁子夫妻が造る「Style H」です。

2種類の全く異なる味わい

Style R

藤井酒造の代表銘柄「龍勢」は、広島に多い甘口の酒のイメージとは異なりドライかつどっしりとした仕上がり。様々な料理に合わせやすい食中酒として親しまれています。

「Style R」も「龍勢」と同じように、食中酒としてどんな料理にも合わせやすいものになっています。そのドライな口当たりを表現するために、完全発酵を行っているのが大きな特徴です。

「生命の力を最大限に引き出す」という藤井氏の酒造りに対する理念が顕れた仕上がりのお酒だと言えます。

Style H

「奥能登の白菊」に代表される白藤酒造のお酒の特徴は、まるで搾りたての果汁のようなみずみずしくジューシーな甘み。原料には酒造好適米の代表格である山田錦や五百万石を中心に使用しています。

「Style H」にはその個性が特に色濃く表現されています。能登杜氏に伝わる技術を今日まで受け継ぐ夫・喜一氏と、農大で醸造学を学び南部杜氏の下で下積みをした妻・暁子氏が力を合わせて造り出す珠玉の味わいが、このお酒で楽しめます。

どちらのお酒にも共通する革新的でスタイリッシュなボトルデザインは、「杜氏」という新たな日本酒選びの基準を表象しています。また、正面を飾るアイコンモチーフはそれぞれの代表銘柄から取って「龍」と「白菊」をデザインしたものです。



国内でも、ここまで徹底的に杜氏の個性に寄り添ったお酒はなかなかありません。「Style」を通じて、酒造りを手掛ける杜氏のみなさんに思いを馳せていただければ幸いです。

Style_R
Style R by Norihiro Fujii Ryusei
藤井酒造
¥2,678
お酒
Style H by Kiichi & Akiko Hakuto
白藤酒造
¥2,678

popular article
人気記事

&SAKE - 日本酒に関する全てが詰まったライフスタイル型日本酒アプリ!

読む・遊ぶ・買うをまとめてお楽しみいただける、日本酒のオールインワンアプリ。
あなたの日本酒コンシェルジュとして、皆様に寄り添うサービスをお届けしてまいります。

home
home