お酒のカロリーは「摂っても太らないカロリー」? 気になるお酒とカロリーの話

他のお酒と比較した場合の日本酒のカロリー

気になる日本酒のカロリーですが、他のビールや焼酎と比べてどの程度なのでしょうか。下にお酒の種類毎のカロリー一覧を示しました。日本酒のカロリーは100ml当たり103kcal。確かにビールやワインに比べてちょっと高いような気もします。

しかし、これだけで「日本酒は太りやすい」と結論を出すには早いです。

例えばビールは日本酒に比べてアルコール度数が低いので一度にたくさんの量を飲みますよね。逆にアルコール度数の高いスピリッツ系はカロリーが高いですが、そこまでたくさんの量は飲めません。カロリーだけでは一概にどのお酒が太りやすいとは言えません。

つまり、アルコール度数でみれば大体どのお酒も同程度のカロリーになるのです。

ビール 40kcal

発泡酒 45kcal

ワイン 73kcal

日本酒 103kcal

焼酎(乙類) 146kcal

梅酒 156kcal

焼酎(甲類) 206kcal

ウイスキー 237kcal

ブランデー 237kcal

ウォッカ 240kcal

ジン 284kcal

お酒のカロリーは体に吸収されない

お酒のカロリーは一般的にエンプティカロリーといって、糖質や脂質よりも先に、最優先で熱として放出されると言われています。お酒を飲むと、身体が熱くなったり、顔が赤くなったりするのはのはアルコールのエンプティーカロリーが即座に熱として放出されてるからです。つまり体内に吸収されず放出されてしまうのです。

原因はお酒ではなく一緒に食べるおつまみ

ではお酒はどんなに飲んでも太らないかと言えばそうではありません。実際お酒を良く飲む人は体脂肪率も高くなる傾向にあります。

日本酒に限らず「お酒を飲むと太る」と言われている理由。それは、お酒ではなく一緒に食べるおつまみにあります。お酒を飲むと満腹感が得られず、つい食べ過ぎてしまうことが多いのです。

日本酒で太らないために重視すべきこと3つ

日本酒で太らないために重視すべきこと3つを紹介します。

おつまみのチョイスが重要

太らないためにはなるべくカロリーの低いおつまみをチョイス。マグロの山かけ、お刺身、冷奴、枝豆等がおすすめです。焼き鳥は出来れば塩をチョイスしましょう。

すきっ腹でお酒を飲むのは控えよう

お酒を飲む際はなるべく胃を満たしてからにしよう。すきっ腹でお酒を飲むとアルコールが一気に回ってしまいます。酔っぱらうと判断力が鈍り食べ過ぎの原因になります。

冷やよりも熱燗で!

人間は体が冷えると代謝が下がり、脂肪を溜め込むようになってしまいます。太らないためには冷たいものより暖かいものを口にすることが大事です。

いかがでしたでしょう。

日本酒のカロリーについてご理解頂けましたでしょうか?

いきなり全てを実践するのは難しいかもしれませんが、日本酒を飲む際は念頭に置いておくと良いかもしれませんね。



オリジナルサイトで読む

popular article
人気記事

&SAKE - 日本酒に関する全てが詰まったライフスタイル型日本酒アプリ!

読む・遊ぶ・買うをまとめてお楽しみいただける、日本酒のオールインワンアプリ。
あなたの日本酒コンシェルジュとして、皆様に寄り添うサービスをお届けしてまいります。

home
home