事業譲渡を経て新しいスタートを切った富山・銀盤酒造は、この1年でどう変わったのか(後編)

創業明治43年、富山県黒部市にある銀盤酒造は、折からの日本酒不振と普通酒の出荷量減の影響を受け、売上高はピーク時の6割ほどに縮小。彼らは「事業譲渡」の道を選び、2016年6月に兵庫県神戸市の阪神酒販株式会社の傘下に入ります。同社取締役で「株式会社田中文悟商店」を率いる田中文悟さんが社長に就任し、再起を図ることになりました。

続きを読む

popular article
人気記事

&SAKE - 日本酒に関する全てが詰まったライフスタイル型日本酒アプリ!

読む・遊ぶ・買うをまとめてお楽しみいただける、日本酒のオールインワンアプリ。
あなたの日本酒コンシェルジュとして、皆様に寄り添うサービスをお届けしてまいります。

home
home